遺言書作成

このようなお悩みはありませんか?

「死後のトラブルを防ぐために、遺言書を残しておきたい」
「遺言書を保存する方法は、どれがいいのだろうか」
「実家を継いでくれる長男に遺産を多く残したい」
「遺産はどう分ければ揉めないか相談したい」
「自分で遺言書を書いたが、改ざんされないか心配だ」

遺言書は相続のトラブルを予防するためのものですが、形式に不備があった場合は無効になることもあります。遺言書の作成を弁護士にご相談いただければ、有効な遺言書を作成することができ、たとえ遺言書を開封した後にトラブルが起きても、対応することが可能です。

遺言書を作成するメリット

遺言書を作成しておくことで、亡くなった後に相続人同士の争いを防げる可能性が高まります。
遺言書がない場合は、相続人全員で遺産の分け方について話し合いますが、トラブルになるケースも少なくありません。とくに相続人の人数が多いと、話し合いも難航しがちです。

また、自分の財産の分け方について希望がある場合は、遺言書を作成することで、自分の好きなように財産を相続させることが可能になります。お世話になった人や可愛がっている人に多くの財産を残したり、社会や地域に貢献するために遺産を残すこともできます。
遺言書は何度でも作り変えることができるので、一度作成しておくと安心でしょう。

遺言書の種類

自筆証書遺言

メリット

  • 本人が自筆で書くので、気軽に簡単に作成できる。
  • 証人が不要で、費用がかからない。
  • 遺言書の内容を誰にも知られることがない。
  • 形式や内容に不備があると、遺言自体が無効になることもある。
  • 死後に見つからなかったり、第三者に改ざん、隠匿される可能性がある。
  • 開封の際に、家庭裁判所で検認手続きを受けなければならない。
  • 本当に本人が書いたものなのか、作成時に判断能力があったのかが争いになることがある。

公正証書遺言

メリット

  • 公証人が作成するので、方式や内容の不備がなく、有効性が争われることがない。
  • 公証役場で保管されるため、紛失したり、隠匿、改ざんのおそれがない。
  • 開封の際に、家庭裁判所での検認手続きが不要である。
  • 病気で手が動かない場合でも、作成することができる。

デメリット

  • 公証人手数料などの費用がかかる。
  • 2名の証人が必要になる。
  • 公証人に作成してもらうので、気軽に作ることができない。
  • 遺言の存在と内容を完全に秘密にできない。

秘密証書遺言

メリット

  • 公証人が遺言の内容を確認しないので、誰にも知られることがない。
  • 公証役場で手続きするので、公証人や証人が遺言の存在を証明してくれる。
  • 偽造や改ざんされるおそれがない。
  • ワープロなど自筆以外の方法でも作成できる。

デメリット

  • 公証人が内容を確認できないので、形式や内容の不備のおそれがある。
  • 2名の証人が必要になる。
  • 公証人手数料などの費用がかかる。
  • 開封の際に、家庭裁判所で検認手続きを受けなければならない。
  • 自宅保管となるため、遺言書が発見されない可能性もある。

当事務所の特徴

  1. 豊富な専門知識と解決実績を有する弁護士が、的確な遺言書作成を実現します。
  2. 各種士業や不動産業者と緊密に連携し、不安な税務・登記面もサポートします。

「争族」という造語もあるように、遺産をめぐる争いは、心情的にもエスカレートしやすい傾向があります。
財産を分けるだけ、と捉えられがちですが、実際には、相続人の範囲、遺産の評価方法、寄与分、特別受益など、多くの法的問題があります。これらの専門知識がないと、思わぬ不利な遺産分割をしてしまう恐れもあります。
また遺産相続は、遺産分割の内容を合意するだけで解決するものではなく、登記手続き、不動産売却手続き、金融機関の解約手続き、さらには相続税の申告など、遺産相続に当たっては煩雑な数多くの手続きをとる必要があります。

法律事務所Sでは、相続について深い見解を有しているばかりでなく、税理士、司法書士などの士業や、不動産業者との強力な連携サービスを提供しております。

© 相模原・横浜の弁護士による遺産・相続相談 – 法律事務所S